お受験対策に最適|幼児教育塾を利用して想像力や感性を豊かにしよう

女子学生

学力が上がる選び方

石川で塾を選ぶ場合は、当面の目標をどこに置くかを先に決めておく必要があります。費用や家からの通いやすさ、子供の好き嫌いなどもありますが、具体的な目標をクリア出来る指導が受けられることが何より重要です。

詳しく見る

創造が伝統文化を守る

授業

遊びの中で能力を鍛える

歴史的建造物がたくさんある石川県では、子供の頃から、感性や美的センスを磨く教育が自然と根付いています。教育には、義務教育のように、基礎的な知識を学ぶ場と、感性やひらめきのように、義務教育の授業では教わらないことを学ぶ場があります。例えば、将棋やオセロには戦力的な考え方が必要ですし、美術の才能には理屈では説明できない自由な発想が必要となってきます。そういった本能的な能力を伸ばすには、幼児の頃からの幼児教育を通して、内に眠る才能を発見し、伸ばしていくことが大切です。石川県には、幼児教育を行う塾はたくさんありますが、なるべく自分の子供の性格に合った雰囲気の塾を選ぶことをお勧めします。子供はすぐに飽きてしまい、集中力が続かないことがよくありますが、そういった時に無理に学習させると、勉強嫌いの子供になってしまう恐れがあります。スパルタ教育の塾ではなく、教育者でありながら、保育士のように子供に寄り添ってくれる教室や塾を選ぶと、子供も喜んで学習に取り組んでくれます。幼児教育には、英語や漢字などの早期教育がよく知られていますが、それ以外の感性を磨く教育や、論述的な思考を鍛える教育も大切です。例えば、パズルでは試行錯誤する能力や完成形を想像する能力が鍛えられ、ブロック遊びでは立体を想像する力が鍛えられます。幼児教育では、将来、学習に必要となってくる基礎的な能力を、遊びの中から培っていくことが求められます。美術や伝統に力を入れている石川県では、建築や服飾などの分野において、日本の伝統文化を守っていく人材を育てることが大切です。そのためにも、子供の頃から想像力を鍛え、自分で創造できる力を養い、伝統文化に通ずる感性を鍛えることが重要です。そういった教育で子供たちを育てることが、石川県の伝統文化を守り、後世に美しい日本を残していくことになると言えます。

オススメ記事

女子学生

学力が上がる選び方

石川で塾を選ぶ場合は、当面の目標をどこに置くかを先に決めておく必要があります。費用や家からの通いやすさ、子供の好き嫌いなどもありますが、具体的な目標をクリア出来る指導が受けられることが何より重要です。

詳しく見る

模型

幼児教育の重要性

3歳から6歳ごろまでに人間のIQは決まってしまうと言われており、幼児期の過ごし方がその後の人生に大きく影響することになります。石川県の幼児教育塾は、発達段階と個性に合わせた指導で子供の才能を伸ばします。

詳しく見る

先生と生徒

子供に合った選び方が大切

石川県には集団指導型と個別指導型の塾があります。集団指導型は高いモチベーションが保て、周りの仲間と切磋琢磨しながら学習を進めることができます。一方、個別指導型は子供のペースに合わせた指導を行なっているため、無理のない学習が可能です。

詳しく見る

女子学生

学力が上がる選び方

石川で塾を選ぶ場合は、当面の目標をどこに置くかを先に決めておく必要があります。費用や家からの通いやすさ、子供の好き嫌いなどもありますが、具体的な目標をクリア出来る指導が受けられることが何より重要です。

詳しく見る

模型

幼児教育の重要性

3歳から6歳ごろまでに人間のIQは決まってしまうと言われており、幼児期の過ごし方がその後の人生に大きく影響することになります。石川県の幼児教育塾は、発達段階と個性に合わせた指導で子供の才能を伸ばします。

詳しく見る

先生と生徒

子供に合った選び方が大切

石川県には集団指導型と個別指導型の塾があります。集団指導型は高いモチベーションが保て、周りの仲間と切磋琢磨しながら学習を進めることができます。一方、個別指導型は子供のペースに合わせた指導を行なっているため、無理のない学習が可能です。

詳しく見る

教室

幼児教育の目的

石川県で小学校受験の準備をするなら、志望校ごとの傾向に合わせた対策を講じるため、幼児のための塾に通わせるのが効果的です。受験をしない場合でも、幼稚園や保育園での知育指導に不足があるときには、塾の教育が活用できます。

詳しく見る

小学生

子供のための学ぶ場所

石川の塾に子供を通えわせることで、勉強の習慣を身に付かすことが可能です。また、小学校の低学年がら通うことが出来る塾もあります。まずは、子どもとの相性が良い塾を探すことから始めましょう。

詳しく見る