お受験対策に最適|幼児教育塾を利用して想像力や感性を豊かにしよう

幼児教育の重要性

模型

発達段階に合った指導

石川県には受験専門の予備校や中高生向けの学習塾だけでなく、就学前の幼児を対象にした塾も数多くあります。幼いうちは伸び伸びと遊ばせておくほうが良いという考え方もありますが、石川県の幼児教室はいわゆる詰め込み教育が目的ではありません。3歳から6歳ごろまではゴールデンエイジと呼ばれ、脳細胞のシナプスが最も盛んに発達する時期とされています。この時期に人間のIQはほぼ決定してしまい、才能のある分野とない分野がはっきりと分かれることになります。勉強が好きな子になるか嫌いな子になるかは、実は小学校に入る前から決まっているとも言えるでしょう。子供には無限の可能性があるといわれますが、それを十分に引き出すには幼児期の過ごし方がきわめて重要です。幼児期に知的な刺激を与える機会のひとつとして、幼児教育専門の塾が石川県でも広く支持されています。児童心理学の分野では、ピアジェやエリクソンの研究がよく引き合いに出されます。子供の発達段階に応じた指導を行うことは、IQだけでなくソーシャルスキルやコミュニケーションスキルを養い、「生きる力」を身につけさせることにも繋がります。もちろん年齢のほかにも、個人差を考慮して指導方針を立てる必要があります。このような理論に基づいて、石川県の幼児教育塾では、ひとりひとりに合わせた柔軟な教育を実施しています。もともと発達の早い子なら、さらに大きく才能を伸ばすこともできるでしょう。